探してた!すっきり快調の毎日へ
 
 
 
 

 
腸は第2の脳といわれるほど、カラダの健康に影響を与えるといわれています。腸内にはおよそ100兆個~1000兆個の細菌が存在。腸のバランスを整えてくれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌とカラダにわるい影響を与える悪玉菌、勢力の強いどちらかになびく日和見菌です。

その3種類の菌が腸内に存在する様子がお花畑にみえることから、その状態を腸内フローラと呼びます。それぞれの菌の理想的なバランスは2:1:7です。

年齢を重ねると善玉菌が減少することから、腸内環境を整えるのも難しくなる傾向に。そこで、腸内環境を整えるのに役立つ働きをするプロバイオティクスという食品を摂ることが推奨されています。ヨーグルトや味噌、キムチなどの発酵食品です。

プロバイオティクスはもちろんですが近年特に注目されているのは、プロバイオティクスの餌となり、善玉菌を増やす役割を果たしてくれる食物繊維やオリゴ糖などです。これをプレバイオティクスといいます。このプレバイオティクスとプロバイオティクスを同時に摂ることで、理想的な腸内フローラへと導くといわれているのです。

1包2gあたり約50億個の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌をバランスよく配合
乳酸菌、ビフィズス菌などの生きた善玉菌が4種類!
※スーパーなどで販売されている一般的なヨーグルトは1~2種類、多くても3種類です。


善玉菌の餌となるイヌリンなどの食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂ることで、腸内環境を整えるのに役立つ働きをする菌を育てていくのです。すこやかな腸内環境づくりをサポートします。


善玉菌は胃酸で分解されるといわれています。より多くの善玉菌を生きたまま腸に届きやすくするため独自のコーティングテクノロジーを採用しました。


砂糖・遺伝子組み換え成分・グルテン・乳製品フリー。ナチュラルな甘みが魅力です。天然の甘味料&キシリトールは低カロリーで虫歯になりにくいとされています。

 
 

近年発展した腸の研究により、肌と腸内環境の密接な関わりが注目されるようになりました。内と外の美しさをバランスよく維持するためには、腸内環境も重要なポイントであることが当たり前になりつつあるのです。つまり、腸をキレイにすることはスキンケアの1つともいえるでしょう。
 
また、デブ菌・やせ菌といったように腸内フローラの細菌のバランスはダイエットにも関わりがあるといわれています。
そのため、食生活の改善によって腸内環境をしっかり整えていきたいところ。味噌汁やヨーグルト、漬物などの発酵食品を積極的に毎日の食事に摂り入れるのが理想です。

でも、普段の食事だけで整えていくのはなかなかたいへん。そこでMODEREが提案したいのはサプリメント※による食生活改善のサポートです。発酵食品は誰でも比較的簡単に食事に取り入れられますが、オリゴ糖や食物繊維も一緒に、となるとすこし難しいですよね。

普段の食事にできるだけ多くの善玉菌を「届ける、育てる」を手軽に取り入れることができるのはサプリメント※だからこそ。すこやかな腸内環境づくりにお役立てください。

※栄養補助食品、あくまで食品です。効果・効能をお約束するものではありません。